会社案内

会社概要

社名 朝日熱処理工業株式会社
設立 1978年8月8日
資本金 5,700万円
代表者 代表取締役社長 村田 茂
従業員 36名
所在地 〒572-0075 大阪府寝屋川市葛原2丁目9番1号
TEL 072-827-1139(代) FAX 072-826-0462
敷地面積 2,500m²
建物面積 2,000m²
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 大和田支店
関西アーバン銀行 寝屋川支店
京都銀行 寝屋川支店
商工中金 東大阪支店
日本政策金融公庫 大阪支店
主要仕入先 DOWA株式会社
株式会社不二越
エアウォーター株式会社
出光石油株式会社
光洋サーモシステム株式会社
石川島播磨重工業株式会社
岩谷産業株式会社
岡谷鋼機株式会社
主要納入先 パナソニック株式会社
独立行政法人JAXA
株式会社ハーモニックドライブシステムズ
日本パーカライジング株式会社
株式会社加地テック
株式会社ダイヘン
津田駒工業株式会社
ヤマトミシン製造株式会社
パナソニックエレクトロニックデバイス株式会社
新明和工業株式会社
寺崎電気産業株式会社
東亜バルブエンジニアリング株式会社
住友電気工業株式会社
株式会社椿本カスタムチェン

沿革

1978年8月 資本金500万円にて現在地にガス軟窒化処理工場を設立、熱処理受託加工の操業開始。
1979年8月 独自の浸炭窒化処理(εプロセス)を開発、同時に光輝焼入処理を開始。
1982年2月 資本金2,000万円に増資。
3月 大型真空炉を導入、真空熱処理を開始。
1984年4月 オールケース型浸炭炉を導入、ガス浸炭炉処理を開始。
6月 オフィスコンピュータを導入、事務処理のスピード化を図る。
1985年2月 資本金3,500万円に増資。プラズマ窒化炉を導入。
1986年8月 資本金4,900万円に増資。
12月 加圧式真空熱処理炉を導入、複合熱処理の開発に着手。
1987年5月 オフィスコンピュータを大型機に更新、品質管理および工程管理業務のコンピュータ化に着手。
1988年8月 創立10周年を記念してTQC活動を導入。
1990年2月 前社長村田充寛が取締役相談役となり代表取締役社長に村田茂が就任。
1991年4月 経営理念を制定する。
12月 鳥取県大山に保養所を購入。
1992年12月 オフィスコンピュータを大型機に更新、事務の合理化を図る。
1995年10月 第2工場(建物面積660平方メートル)を取得。
1996年5月 事務部門を第2工場に移転、真空洗浄器を導入、第2工場に設置。
12月 WPC装置導入。WPC処理のライセンス契約を締結し、加工サービスを開始。
1997年3月 社員持株会を発足。
4月 職能資格人事制度を導入、能力主義への第一歩を踏み出す。
1998年8月 創立20周年を迎える。
2000年10月 最新型真空炉(V-TECH)導入。第2工場に設置。
12月 ISO9002 国際品質規格、認証取得。
2003年2月 ISO9001(2000年バージョン)に移行。
2005年4月 最新コンピュータシステム導入。
2006年8月 第3工場を取得。業務の効率化を図る。
2007年5月 環境省が策定するエコアクション21を認証取得。
2008年8月 創立30周年を迎える。
2009年4月 大阪府中小企業家同友会の「経営品質賞」銀賞を受賞。
2009年9月 経済産業省の「ものづくり支援」及び「ものづくり実証」の助成金事業に挑戦、採択される。
2009年9月 プラズマ窒化(浸炭)炉を整備稼動し2基体制へ。
2010年1月 SBIR JAXAでの耐久テスト(寿命テスト)開始。
2010年4月 SBIR JAXAでの耐久テスト(寿命テスト)10万回転(3倍)達成。
2010年6月 前社長村田茂が取締役会長となり、代表取締役社長に青山豊が就任。
2014年2月 代表取締役社長に村田茂が就任。
2016年1月 関西ものづくり新撰2016認定