真空熱処理(V-TECH)

当社は、外観品質を徹底的に追及したV-TECH真空炉を開発しました。外観品質に関しては、日本一の真空処理が出来るものと確信しております。
加熱室・冷却室は、外気と触れることがなく湿気等、外観品質に影響する因子を遮断した画期的な真空炉です。
現在、多くの精密部品・金型の熱処理に使用していますが、設備メーカーと共同開発により、熱処理による寸法変化・変形量を予測し、特殊治具を開発して、熱処理後の仕上げ加工を低減することも行っています。これらの技術・技能を我々は、V-TECH熱処理と総称しております。

主な真空熱処理

  • 真空焼入れ(窒素ガス、アルゴンガス等で加圧冷却処理します)
  • 真空磁性焼鈍(表面酸化を防止し、光輝性のある綺麗な状態で仕上がります)
  • 真空固溶化熱処理(V-TECHの性能の出しどころです)
  • 真空析出硬化処理
  • 真空焼鈍(酸化を防止し、後の機械加工工程を低減できます)
  • 真空時効処理
  • 真空ロー付け
  • 真空接合処理

特徴

  • 表面酸化の低減
  • 加熱・冷却とも任意の速度を調整できるため、焼入れ歪みも極めて良好
  • 脱炭・浸炭等の影響を受けない非常にクリーンな熱処理

適応材料

  • ダイス鋼系 (SKD-11、SKD-61、DC53、SLD、SLD8 等)
  • 高速度鋼系 (SKH-51、SKH-55、HAP系、MH系、YXR系、HM系 等)
  • ステンレス鋼
    焼入れ (SUS403、SUS410、SUS420J2、SUS440C SUH材 等)
    溶体化処理 (SUS301、SUS303、SUS304、SUS316 SUH材 等)
    焼鈍し (SUSSUS410L、SUS430、SUS434 等)
    析出硬化処理 (SUS630、SUS631 SUH材 等)
  • ハステロイ系合金
  • インコネル系材
  • アンバー材
  • 磁性材料
  • コバール
  • Ti合金、銅合金の真空熱処理
  • 焼結合金

適応事例

名称:避雷針用シーマ金具
材質:SUS304 + SUS316
処理:真空固有化熱処理
備考:耐食性の改善

名称:部品類
材質:SUS系
処理:真空熱処理

名称:コンピュータ・テープガイド
処理:真空焼入れ
備考:歪0.01mm以下

名称:ボール受け部品
処理:真空焼入れ

名称:プラスティック用金型
処理:真空焼入れ

名称:シャフト
材質:SUS420F材
処理:真空焼入れ

一覧へ戻る